おすすめの中古厨房機器の選び方

中古厨房機器の購入を検討している方の多くは、飲食店を始めようと考えている方々だと思います。飲食店には欠かせない厨房機器を新品で揃えようとすると、業態によって違いはありますが、かなり多額の費用が必要です。例えば調理台、業務用の電気冷蔵庫、製氷機、電磁調理機器、食器乾燥機や食器洗い機など、飲食店で必要になる厨房機器にはたくさんの種類があります。開業するためには物件費や内装費など、他の部分でも多額の費用が必要なので、厨房機器を中古で揃えることをおススメします。中古品が苦手な方もいるかとは思いますが、最近では性能の良いキレイな状態の中古厨房機器が売買されています。販売価格も新品の定価の物と比べると、半額以下で購入できる商品もありとてもお得です。また、展示品として使用されただけの物や、箱から出しただけの中古品よりもきれいな状態の新古品も販売されています。

中古厨房機器を購入する時によくあるトラブル

中古厨房機器を購入する時には、事前に気を付けておく必要があることがあります。安く買い物をすることしか考えずに購入してしまうと、寸法が合わなくて設置したい場所に置けない、厨房に入らないなどのトラブルが発生します。また、厨房までの搬入経路でも問題が起こりやすく、階段が昇れなくて運ぶことができないことや入口から入らないこともよくあるトラブルです。サイズの大きい厨房機器が多いので、事前にしっかりと寸法を測り、搬入経路も通れるサイズなのかを確認しておきましょう。他にも電気のワット数やガスの種類が規格外で対応していない物を選んでしまい、買い直しが必要になってしまうケースを防ぐことや、中古品のためメーカーの保証期間が切れていて修理に時間とお金がかかるケースもあるので、故障の際にはどのような対応になるのか販売店に事前確認しておくといいでしょう。

中古厨房機器を購入する時の選び方のポイント

全ての厨房機器を中古厨房機器で揃えてしまうよりも、一部の調理器具を中古で買い揃えるという方法をお考えの方もいるでしょう。中古厨房機器でおススメしたい物は調理台です。調理に欠かせない作業台はステンレス製の物が一般的ですが、使用頻度が多いために傷や汚れがつきやすいので中古品で安く購入できます。作業台の下が冷蔵庫になっている物や、引き出しなどがついている物など用途によって種類が選べるので、必要な種類の物を購入しましょう。反対にあまりおススメできない商品は、業務用冷蔵庫や冷凍庫、製氷機などモーターを使っている物です。モーターを使った商品は、ホコリや油汚れ、モーターの寿命が原因で壊れやすいのです。購入してすぐに修理をしなくてはならないなんてことはなるべく避けたいものです。販売元に使用年数や保証期間を確認した上で購入を検討することをおススメします。